ドッグフードで病気予防!

酵素入りのドッグフードとは

酵素は犬の健康、特に消化の助けにも大きく関わっています。
そこで、ここでは酵素入りドッグフードのはたらきについてご紹介させていただきます。

犬に必要な酵素とは?

野生の肉食動物は、食料となる草食動物を捕獲した時、まずその内臓から食べ始めます。
それは、草食動物が食料としている植物を、間接的に摂取するためだといわれています。
犬も野生で暮らしていた頃は、肉食でした。
そのため、植物を自分の消化機能で消化することが苦手です。
とはいえ、ビタミンやミネラルを多く含む植物も、犬にとっては必要な栄養源といえます。
そこで登場するのが酵素です。
酵素とは、野菜や果物に多く含まれ、食物の消化、分解、吸収を助けるはたらきをしています。
他にも、毒素の解毒、排出、新陳代謝や血液の循環など、からだの働きの多くに携わっています。
酵素を多く含むドッグフードを選ぶことにより、犬が苦手とする野菜などの消化吸収を助けてくれるのですね。

犬の問題行動、食糞にも効果的?

酵素のメリットとして、消化器のはたらきを助けるだけでなく、「食糞」という問題行動もあわせて改善されたという声もあります。
犬にも人間と同じように、「潜在酵素」というもともとからだの中に持っている酵素があります。
潜在酵素が少ないと、腸内環境を整えようと、食糞などの問題行動を起こしてしまうことがあるのです。
酵素不足により、食糞してしまうことがあるくらい、体内に酵素は必要不可欠であることがわかります。

酵素入りドッグフード

一般的に、ドッグフードは製造過程で、通常80度から200度程度で加熱処理を行っています。
ですが、酵素は42度から70度で破壊されてしまう性質があり、このような製造方法のドッグフードでは酵素を摂取することができません。
そのため、酵素を含んだドッグフードを与えたい場合には、あえて、低温加熱処理の酵素入りのドッグフードを選ぶ必要があります。
このような胃腸の調子を整えるドッグフードは体臭も改善できます。
最近胃腸の調子が悪い、という愛犬には、是非酵素パワーで健康なからだを取り戻してほしいですね!