ドッグフードで病気予防!

ドライドッグフードの選び方

家族に迎えた愛犬の健康は、飼い主であれば誰でも気になるものですよね。
特に毎日の食事に関しては、なにを基準に、なにを選んでいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。
愛犬の体のことを思えばこそ、パッケージ記載内容の信頼性や、病気を引き起こす心配はないのかなど、不安になってしまうこともあるかと思います。
ここではドッグフードを選ぶ基準がわからないという方のために、フードの中でも特に、ドライドッグフードの選び方についてご紹介させていただきます。

安全なドッグフードを選ぶために

平成21年6月1日から施行された、「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)」により、現在販売されているドッグフードの安全は守られていると思われている方も多いかもしれません。
環境省によると、ペットフード安全法では、農林水産大臣及び環境大臣が定めた成分規格、製造法に合わないペットフードの製造、輸入、販売を禁止しています。
「成分規格」というとわかりづらいですが、含有物質を添加物や農薬、汚染物質、その他の分類にわけ、その規定量を定めた基準値になります。
ですが、ペットフード安全法で定められた成分規格、製造法が守られていれば安全なフードといえるでしょうか。

パッケージに記載されている言葉から疑う

ドッグフードの安全性は、はじめにパッケージの記載内容を判断基準にします。
特に、目につきやすい記載内容として、「○○認定」などがあげられるかと思いますが、その中でもAAFCOの記載があった場合には、他におかしな記載がないかなど、疑いの目をもってもいいかもしれません。
AAFCOとは、全米飼料検査官協会(Association of American Feed Control Official)のことで、ペットフードの栄養基準のガイドラインを設定している機関です。
あくまでも、ガイドラインを設定している機関のため、承認、認定などは行っておらず、そのような記載は過大な記載ともいえ、消費者に親切とはいえません。
逆に、他に選ばれるポイントがないのではないか、最低限のガイドラインを満たしているだけなのではないか、と不信感を抱いてしまいます。
では、パッケージに記載されている言葉にまどわされず、飼い主が愛犬の安全を守るために、なにを確認して選んでいけばいいのでしょうか。

犬は穀物が苦手

犬はもともと肉食であり、穀物の消化が苦手だといわれています。
穀物が主となるドッグフードを与え続けることにより、免疫力が低下したり、アレルギーを発症しやすくなったりする可能性があります。
では「穀物」と呼ばれるものにはどんなものがあるのでしょうか。
以下にドッグフードに使用されやすい穀物をあげてみます。

・トウモロコシ
・米粉
・醸造米
・小麦粉
・グルテン
・トウモロコシ紛
・大豆ミール
・大豆タンパク質

ですが、あえて穀物が多めのドッグフードを与える場合もあります。
それは便秘や結石で療養食が必要な場合などです。
ここに、一定の基準を設けてドッグフードを選ぶことができない複雑さがありますよね。

それぞれにあったドッグフード選びを

愛犬にとって、安全なドッグフードはその年齢や体の状態によって異なってきます。
腎臓病の犬に塩分たっぷりのドッグフードを与えたい飼い主はいないですよね。
普段から愛犬の状態を知り、どんな食生活が合うのか考えてあげることが安全なドッグフード選びのいちばんの近道といえそうです。

とはいえ、たとえば犬の塩分摂取量の基準値は「諸説ある・・・」といわれていることも多く、どのドッグフードが適切かを選ぶ以前に基準値すらわかりません。
それ以外の病気でも、どの成分がなにに影響している、などは判断できかねることが多いかと思います。

ここまでご紹介してきた内容の他に、愛犬の体の状態に不安がある場合、年齢や体重などから適切なフードを選びたい場合などには、獣医師にドッグフード選びについて相談されることをおすすめします。
愛犬の健康を守って、楽しく生活をともにしたいですね。